So-net無料ブログ作成

Chelsea FC Stamford Bridge STADIUM [London UK]

100724_01.jpg

2009-2010のプレミアリーグと2010FAカップのダブル王者となったチェルシーFC。
今回はそのチェルシーFCの本拠地"スタンフォード・ブリッジ"のスタジアムツアーに
参加してみました。

100724_02.jpg

フルハムにあるのにチェルシーの本拠地・・・
元々はフルハムFCの為のスタジアムとして建設されたのですが、
金銭面でフルハムFCが拒否した為に、1905年にこのスタジアムを
ホームとするチェルシーFCが結成されたそうな。

集客数は約4万2千人。
日本の球場で言えば、神宮球場の規模に当たると思います。

100724_03.jpg

まずは、プレスルーム。。。
監督の試合後の記者会見や、新選手の入団発表が行われたりするルームです。
背面にはスポンサーのロゴが沢山。

以前の監督であったジョゼ・モウリーニョ氏がここでゴニョゴニョと
会見をしていたのが思い出しました。(ゴニョゴニョと長いのが印象的。。。)

100724_05.jpg

そしてロッカールーム。
それぞれのロッカーにジャージが綺麗に掛けられております。
ツアーでは、このロッカーの引出しの作りまで教えてくれます。。。
ロッカーに付いているコンセントは、PCや携帯の充電用でなくて
シェービングに使う為に付けられているのだとか。。。

100724_04.jpg

丁度オフシーズンな為に、移籍が決定している選手のロッカールームの
ネームプレートが外されているのが判ります。

100724_06.jpg

そして、シャワールームに洗面台。。。
ここで使われている石鹸のブランドや値段まで教えてくれます。
以外とスッキリとした作りのロッカールームでした。

100724_07.jpg

そして、ピッチに向かう選手入場口。
ここで、ランパードやテリーが屈伸したりして出て来きます。
気分を盛り上げる為か、この場所ではBGMが流れます。
(ちなみに写真はガイドさんによるテリー選手入場の物マネ。。。)

100724_08.jpg

選手レベルから見たピッチ。
芝が整備中のためか、ライン等は引かれておりません。
ここでは見えませんが、鷹の形のをした置物が4方向にそれぞれ
配置されており、芝を守っています。

なんてゆっくり見ていたら、メンテナンス用の噴水がこちらの方に。。。
冷たいです。。。

100724_09.jpg

1時間程のツアーですが、結構楽しめます。
ちなみにこの日のそ参加者は、中国・ベトナム・スロバキアと国際的な
グループでした。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

mi adidas [Diary]

100718_03.jpg

2年前にゴルフでプレー中に踵を痛めてから、
普通のスニーカーで歩くのが辛い。

クッション性重視で買ってみても、
何故だか合わない気がする。。。何故?

なんて思っていたので、仕事帰りに渋谷にある
アディダスのパフォーマンスセンターで
シューズをオーダーメイドしてみる事にしました。

100718_02.jpg

まずは、シューズのベースをチョイス。
今回は、ソールのクッション性とアッパーの軽さを求めていたので、
Microbounceと言うランニングシューズのモデルを選択。

PC上の画面にて、好きなデザインを決めます。
とは言え、工場の別ラインで組立てるため、
各パーツの何色かの色からチョイス出来る仕組みです。

画面はこんな感じ。
カラーをチョイスすると、右画面に完成図が表示されます。
イングランドカラーにしてみました。。。

100718_04.jpg

そして足のサイズを図る為に機械に足を置きます。
最先端のフットスキャンかと思いきや。。。
鉄の棒が出て来るだけで結構アナログ。。。
なので、足の各部分の圧力は計らず。

結果は、左右の足のサイズが1センチ以上違う事が判明!!!
そもそも、片足のシューズのサイズが全然合っていなかった事に
なる訳です。(納得)

フィッティング用のシューズが出て来ましたが、
左右の大きさの違いが分かります。。。
でも、歩いてみるとこれが不思議と合うんです。

これで、オーダー終了。
お値段は、20,000円程。。。
(普通のモデルだと15,000円程)

後は届くのを待つだけなのですが、
約1ヶ月ほど掛かります。

忘れかけてた頃にやってきました!!

100718_01.jpg

お〜、やっぱり歩きやすいです。
もう少し早めに届いてほしかったのですがね。。。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Volvo XC60 Driving in ScotLand [London UK]

100708_01.jpg

人生で一度は見たい景色。。。
こんなにメディアの豊富な世の中なら、誰にでもあると思います。
今回は、その景色の場所へ行ってみる事にしました。

日曜日のロンドン周辺の交通機関は、平日に比べ驚くほど間があります。
ガトウィック空港まで電車で30分ほどなのですが、最寄りの駅から
朝7時に到着できるバス・電車が全くない。。。と言う困った状態。
しかも郊外の方になので、黒タクシーも走っていません。
近所に白タクの受付センターがあった事を思い出して
そこから空港へ。
そう言えば、ガトウィック空港って2つターミナルがあることを忘れておりました。。。
BAのターミナルって駅から遠いんですよね。。。
電車だったら迷っていたかも。

朝7時50分、BAの飛行機はガトウィック空港を飛び立ち、
スコットランドのグラスゴーへ向かいます。
1時間程のフライトでも朝ご飯が出るんですね。

100708_02.jpg

気のせいか、最近のヴァージンの国際線の朝食よりも豪華に見えます。。。

100708_03.jpg

とても快晴なので、地上の景色もハッキリ見る事ができます。
イギリスらしい田園風景がつづきます。

グラスゴー空港へ到着。
そんなに大きく無い空港なので、レンタカー屋さんもすぐに見つかり
あっと言う間に手続き終了。GPSの機械も借りて駐車場へ。

今回のお車は、コチラ。

100708_04.jpg

Volvo XC60。
セダンを頼んだのに、同じ値段で今回もSUVでした。
座席のコンソールには備え付けのモニターが付いているのですが
手には受付で渡されたGPSのモニター。。。

おかしいなと思いエンジンを掻けてみると、
GPSが積まれていない仕様である警告が出ました。
ちなみに、ラジオ等は別の小さなモニターで調節します。
って事は、備え付けのモニターは何の為のあるのでしょうか。。。
結局、小さなGPSのモニターを使用します。

今回は、グラスゴーから南西へ1時間ほど走ります。

100708_05.jpg

グラスゴーの町を抜けると、田舎の風景になります。
牛くん羊くん以外は何も無い。。。(笑)

目的地到着の少し前に、古い教会の後がありましたのでちょっと寄ってみました。
日曜だと言うのに誰もいない・・・・

入場料の看板があったのですが、管理人らしき中国系??の人が現れて、
「キョウハタダダヨ〜」と片言の日本語で入れてくれました。
何故か、一発で日本人だと当てられたのでちょっと悔しい。。。

100708_06.jpg

ここは、Crossraguel Abbeyという
今から700年ほど前に立てられた小さな教会だったそうです。
1307年にエドワード一世の軍隊によって略奪され、
その後改築をして大きくなり、1560年まで修道院として
使われていたも建物の跡だそうです。

100708_07.jpg

スコットランドは、涼しいイメージかあるのですが、
この日は、天気が良すぎてロンドンよりも暑く感じます。

そして、そこから20分程で目的地へ到着。
その目的地周辺は、海が広がります。

100708_08.jpg

そして、こちらがその目的の景色が見れるゴルフ場。
ターンベリー・アイルサコースです。

100708_09.jpg

ここはターンベリーのゴルフコースは、過去に全英オープンを開催している
有名なゴルフコース。(過去に4回)
昨年ここで開催され、石川遼やタイガー・ウッズが予選落ちと言う
波乱があった事でも有名です。

100708_10.jpg

この写真はアイルサコース1番ホール。
うわぁ〜、最初から深いバンカーが沢山。。。
プレーする訳では無いので、目的地まで
コースの中を突っ切らずにコースの外側を沿う様に
目的地へ向かいます。

100708_11.jpg

コースの西側は浜辺になっており、
この殺風景な誰もいない浜辺を片道30分ほどかけて歩きます。

100708_12.jpg

目的地はもうすぐ。
リンクスならではの、ダイレクトに吹き込む風を受けながら
進むと。。。。

100708_13.jpg

目的のターンベリー名物の灯台に到着!!
ここは、アイルサコース9番ホールの海越えの
Bruce’s Castleのティーから見た景色。

100708_14.jpg

仕事柄、このような場所に対しての知識が付いているのですが、
様々な媒体を見て(製作もして)、実際に見てみたいと思える景色がこの景色でした。

リンクスならではの自然の殺風景さに、たったひとつの灯台がコース全体を
引き立てるという設定にとても関心がありました。
ここで戦うアスリート達の活躍も扱っているので、
その空気を感じたいというのもありますね。

お土産にスコアカードとヤーテージブックを貰う事が出来ました。
クラブハウスでは、ゴルフクラブの歴史等が飾ってありました。

100708_15.jpg

。。。。なんてしている内に飛行機の時間が迫っているので、
近くのドライブインで食事。
あっという間のスコットランド滞在でした。

帰りの飛行機の窓から見える、日曜日のガトウィック周辺の風景。
西日が幻想的な世界を見せてくれます。

100708_16.jpg

ロンドンに戻ったのは22時前。
ちゃんと電車で帰れました。
nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Welcome to SANDFORD [ロケ地めぐり]

100705_00.jpg

コーンウォールの旅をまとめました。
下記よりご覧ください。

http://mactoybox-blog.blog.so-net.ne.jp/archive/c125282-1

さて、コーンウォールの旅の帰り道に、
ウェルズと言う、イングランドでもっとも小さな都市として
認められる町へ行って来ました。

ここは、映画「HOT FUZZ 」というイギリスのコメディ映画にでてくる
サンドフォードという架空の村として登場します。

映画に出て来る画像と一緒にそサンドフォード村をご紹介します。



まずは、ニコラス・エンジェル巡査部長がロンドンからやってきた
最初の住まいになるスワンホテル。映画ではタクシーで駐車場に
降ろされてしまうんですね。

100705_01.jpg

で、そのホテルの近くのパプ。
きっと、ここに来てグランベリージュースを頼む人が
増えたのではないでしょうか。。。

100705_14.jpg

ニコラス・エンジェル巡査部長のランニングコース。
お堀の周りです。スワンを捜索したりする場所でもあります。

100705_02.jpg

そして朝から村の人が、エンジェル巡査部長の赴任を歓迎??
(小さな村なので話題が早い)。。。なポイント。

100705_03.jpg

ダニーが、アイスを買う為によく使うキオスク。
店の張り紙に
"NO MORE THAN ONE SCHOOLCHILD AT ANY TIME"

100705_09.jpg


4代目ボンド ティモシー・ダルトンが演じるサイモン・スキナーの経営する
スーバー"SOMERFILD"。残念ながら改装中で看板が外されておりました。
ビフォードワービーのメガストアに客を取られてしまったのでしょうか。。。

100705_04.jpg

スーパーでビスケットを万引きしたピートを追いかけるエンジェルが
脇から出て来たチェロキーを乗り越えるポイント。

100705_05.jpg

村の教会のバザーの会場。

100705_06.jpg

地元新聞記者のティム・メッセンジャーが大事故???に合うポイント。

100705_07.jpg

エンジェルが馬に乗って戦いを挑むシーンの場所。

100705_08.jpg

そして、ここからライフルで襲われます。。。

100705_10.jpg

ここからも。。。

100705_11.jpg

そして、牧師のシュータが出て来ましたが。。。な場所。

100705_12.jpg

最後にスーパーにいる主犯格?を追いつめるために突入する裏駐車場。

100705_13.jpg

ここも2007年頃に撮影されたようですが、写真と映画を見比べると
少々様変わりしていたりするようです。
とは言え、実際にロケ地に行ってみると、映画の世界観がまた違った
幹事になって面白いですよ。


過去のロケ地の紹介記事
BOURNE ULTIMATUM
http://mactoybox-blog.blog.so-net.ne.jp/2008-06-03

007"The World is Not Enough"
http://mactoybox-blog.blog.so-net.ne.jp/2008-06-05

007 "You Only Live Twice"
http://mactoybox-blog.blog.so-net.ne.jp/2007-03-16

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます