So-net無料ブログ作成

STAEDTLER Mars Lumograph Pencil [Design]

110516.jpg

小学生の時から絵を描く事が好きだったためか、
絵を描くときだけ鉛筆にこだわっていたかもしれない。
特に、HBのような普通の鉛筆がとても固く感じるのが嫌で、
柔らかい方が、メリハリがついてしっかり描けるのが良かったのか
B以上を使う事が多かったと思う。筆箱にはB2〜B7を常に入れていた。
なので、キャップをしないと常に筆箱の中は常真っ黒。

そうなると、繊細な線。。。と言うよりもパステルのような扱いかも。
でも、腕の力の入れ具合で太くも細くも表現出来るのは、B以上の鉛筆ならではかも。
シャーペンも固いのは使いずらく、常にB以上を使っていたが、消しにくいし
紙に粉が散らばり過ぎてノートが汚くなる。。。

当時は、三菱uniを愛用しておりましたが柔らかさの幅が広すぎるのと
力をいれて描いてしまうと、あっという間に芯が無くなってゆく。。。
学生時代は、鉛筆の消耗が人より激しかったと思います。

社会人になって、しっくり来たのが、ステッドラー マルスルモグラフ鉛筆。
Bは、uniのHBくらいの固さに感じますが、2Bが柔らかすぎず固すぎず。
柔らかさの幅が広ろ過ぎないので、滑らかに紙の上を滑るし、
力の入れ具合にうまく反応してくれるので気に入っています。
(雑に扱うと折れやすいですが。。。)

最近は、PCでラフ(ほとんど本物)を作るので、鉛筆の出番は減りました。
そして鉛筆の代わりに使えるのが、極太の赤いボールペン。
鉛筆以上にハッキリとした線が描けるし、滑りが良いので迷いが出ない。。。
細いボールペンや固い鉛筆だと、ハッキリとした線が描けない分、心の迷いが
出てしまう。。。。 

気合いを入れたい時こそ、太目ペンや濃い鉛筆が便利です。
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

New Generation LONDON TAXI [London UK]

110504.jpg

お隣の中国で開催されたモーターショー。
そこで、吉利汽車(ジーリー)と言う、中国系の自動社メーカーが
(ボルボもその傘下)非常に変わったデザインの車が発表されました。

その車は、ENGLON TXNと言う車。
ENGLON?? イングランドとロンドンが混ざっている。。。
じつはこの車、次世代のロンドンタクシー。

ENGLONは、ロンドンタクシーを製造している、
ロンドンタクシーインターナショナル社のブランド名。
MINI・ロールスロイス・ペントレー・ジャガー・ローバー・・・
次々と外資に買収され、英国でほぼ唯一の純国産メーカーだったのですが、
吉利汽車が経営権を取得したため、中国で発表に至ったようです。

中国で。。。な為に何故か、とても野暮ったいイメージな車に
見えてしまいます。元は分からないが、コピー車と言われても
なんかそう見えてしまう。でもでも、完全オリジナルのデザイン。

11050402.jpg

今回は、先に発表された次世代のロンドンタクシーの一般向けに仕立てたモデルを発表。
営業タクシー仕様だとさほど違和感ありませんが、一般向け仕様になると
中途半端な野暮ったさが目立って、なんだかねぇ。。。

エンジンは直列4気筒のみで、ガソリン3、ディーゼル1の4機種。
ガソリンは1.5L、1.8L、2.0Lで、ディーゼルは2.0L
7速デュアルクラッチ・アイドリングストップ機能付き。

売れるんでしょうか???

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます