So-net無料ブログ作成

HOKI MUSEUM [Diary]

101225.jpg

最近、仕事でミスが発覚し、気分が落ち気味な今日この頃。。。
ちょっと気分転換も兼ねて、家から100km離れたとある美術館へ出かけて来ました。

その美術館とは、千葉県士気にある「ホキ美術館」。
日本初の現代写実絵画のコレクションを収集した美術館です。
チューブ状のコンクリートを重ね合わせた独特の現代建築。
見た目も中身も非常に充実した作りです。
この美術館は2000年以降の新しい作品が多く、先月の開館直前に完成?された
物まであります。

写実絵画の基礎と言えば、ダ・ビンチ等に代表されるヨーロッパの伝統的な
絵画に見られます。まるで写真のように、四角いキャンバスに時間を封じ込めた
世界が広がります。

繊細な筆の使い方で、血管や髪の毛1本1本、葉や枝を表現し
リアルな世界観を追求しているのは当然なのですが、
一枚の絵が完成するまで気持ちが左右される事無く、
自分の追求したい表現を一本の筆に託す。。。
精神的にも絵に打ち込んでいる時間は、平静を保っていなければならず、
それが出来なければ、たった1本の筆のラインまたは色の配合で
絵の全体が死んでしまう。。。
写実絵画は、"表現に対しての執念"が価値になるのかもしれませんね。

そんな"表現に対しての執念"を味わえる作品がありました。

昔の大阪の、とある海の見える田園風景の絵画。
今ではその海には関空があり、その田園はビル街となり、
今となっては、実際には存在しない場所。
この画家は、30年以上前から英国に住み着き、その昔の頃の
鮮烈に残るその場所の"思い出"をキャンパスに描く。
写真でも無く、自分の頭に焼き付いた風景を遠く離れた英国で
描き続けた執念。 とても価値の有る絵でした。

美術館と言えば、一枚一枚を絵の近くまで寄って技法やテクニックを
中心に見ている方もいらっしゃりますが、もう少し離れて絵の全体を見る
とより絵の世界観の理解ができると思うのですが。。。
そのため、ゆっくり絵を見る事が出来ないのが残念です。






nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます