So-net無料ブログ作成

HEADPHONE AMPLIFIER uAMP109 [Hobby]

090831.jpg

あ〜ぁ、夏を知らずに9月に突入。。。
めまいの影響で1日休みましたが、今月はこれだけ。
遊びたい!! 遊びたい!! 遊びに行きた〜い!!・・・
でも遊べない・・・

最近、指の骨から痛いのでキーボードを押すのにも
マウス持つのにも、激痛との戦いです。
こんなプログなんてやっている所では無いのですが、
これは小さなストレス解消です。

さて、そんな机に縛り付けられているにも関わらず、
せめて、音楽を聞きながら効率よく気分良く仕事を進めたいものです。

でも、iPodの音質はとてもフラットなので、
"お気に入りの曲を聞いている"だけなような気がします。
ちょっと音質にこだわってみたいなぁ〜・・・と言う事で
こんな物を買ってみました。

アメリカのMicroshar社から発売されている
ヘッドフォン専用のオーディオアンプ、"uAMP109 "。
iPodよりも若干大きく、iPodとヘッドフォンの間に
咬ますことで、音を増幅させて迫力のある音にしてくれます。
低音もダイヤルで調節できる優れもの。

今回は、ソニー製のイヤホンが通勤中に捩じれて断線して
しまったので、ついでにSHURE社のSE210と言うイヤホンも購入。
コードが太いので断線しにくいのと、このブランドならではの
ノイズキャンセリング機能がちょっと気になっておりました。

ソニー等の電気式のノイズキャンセリング機能と大きく違うのは、、、
イヤホンパッド自身がハイテク耳栓と同じ素材!!
さすがに静かすぎて、歩くのは怖い位です。

早速、ゴムのもう少し外音が聞こえる素材に変更しました。

アンプとイヤホンをバージョンアップした事で
仕事がはかどっておりますが、その為だけに
iPodよりも高い値段を出してしまった。。。(ひょえ〜)

"thelondonpaper" is fold. [London UK]

090823.jpg

ここ数年に渡り、ロンドンの街に過激な競争をもたらした」紫色と黄色の戦争。
どうやら、この戦争にピリオドが打たれるようです。

無料夕刊新聞である"thelondonpaper"と"LondonLite"。
広告収入で賄われていて、駅前や路上で夕方になると配布される。
なんといっても凄いのは、どちらとも"手渡し"という戦法。
夕方の通勤電車では、みんなで回し読みをするくらい人気があります。
大衆紙なだけに、英語も難しく書いていないようなので結構
英語が苦手な自分でも、楽しく読めてしまいます。

詳しくは下記を参考
http://mactoybox-blog.blog.so-net.ne.jp/2008-06-13

さて、毎日50万部も発行されている無料夕刊新聞ですが、
このほど、"thelondonpaper"が広告不況の影響で来月18日で
廃刊が決定したそうです。

無料新聞にしては、記事は薄めの内容ながら情報が非常に充実していて
レイアウトのデザインも"LondonLite"よりも読みやすく重宝して
結構楽しめる新聞だっただけに非常に残念。。。

廃刊により編集の60人のスタッフが職を失うことになるようですが、
実際は、配布していた人達はもっと多いはずなのでそれを当てに収入を
得ていた人達はどうなってしまうのでしょうか・・・。

広告業界にいるので、あまり人ごとではないだけに悲しいニュースでした。

Negative spiral [Think about]

090818.jpg

夏を楽しむ前に・・・夏が終わっちゃう・・・

ここ1ヶ月は、明日に控えたクライアントへのプレゼンテーションの為に
20人程のチームが一丸となって用意しておりました。
色々な媒体を扱うだけに100ページを越える分厚い資料だったり、
売り込みの為のVTRを作ったり。。。

そして自分の仕事も貯まっていたので、お盆休み&休日返上で
働いておりますが、うわっ。。。プレゼンテーション後も
撮影等があって、先のスケジュールが埋まっているようです。。。
トホホ。

その為か、夏バテ?&めまい再発中。。。
真っすぐ歩けない時もあり、ちょっと辛いです。
こればかりは、誰からも助けてもらえませんからね。
まだしばらくは、指示&作業&アイデアの絞り出しが同時に
つづくので、頭の中が気分転換できるタイミングすら無い。

こういった状態が続くと、自分にとって何をすれば気分転換できるのか
麻痺していて解らなくなっているので、精神的な負のスパイラルに
陥りやすいのです。ひとりで何とかしないといけないだけに
難しい自分自身の問題です。


HOT FUZZ [London UK]

090808.jpg

最近DVDで、「ホット ファズ」と言う映画を見ました。

スコットランドヤードの特殊部隊に所属しているエリート警察官ニコラス巡査が、
巡査部長の昇進と共に待っていたのは、田舎町のサンドフォード(多分ウェールズの田舎町)に
左遷されてしまう。過去20年間に一度も犯罪事件が無く(しかし、事故は多い)、
一見、呑気でのどかな町なのだが実は恐ろしい実態が明らかになる・・・

如何にも、イギリス映画独特のノリでスピーディーな物語の展開。
前半はおバカなコメディ、後半はメチャクチャなガンアクションの両面を併せ持つ不思議な映画です。
監督がゾンビ映画作っていた為に少々残酷なシーンも有りです。
ハートブルー・バットボーイズ・リーサルウェポン・マトリクス・戦いの挽歌
・ボーン・007・アベンジャーズとかもごちゃ混ぜになってます。

俳優の脇役は、何故かスパイ映画に出ている俳優が勢揃い。
4代目ジェームス・ボンドのティモシー・ダルトンだったり、ボーン・アルティメットの
新聞記者のサイモン役だったパディ・コンシダインだったり、映画版アベンジャーズの
マザー役のジム・ブロードベントだったり・・・

なんと言っても、大御所のティモシー・ダルトンが
英国の地域密着型の中堅スーパー「サマーフィールド」の店長・・・
銃を打つ姿は、ジェームス・ボンドを思い出させます。

大きなテーマは無いけれど、アクション映画好きが作ったアクション映画好きの為の
ハチャメチャアクション映画でした。

Find a shelter from the rain. [Diary]

090726_01.jpg

最近はミーティングが多い為、なかなか自分の作業が取りかかれません。。。
なので、日曜は誰も居ない会社の中で作業は捗ります。

さて、梅雨明けしたにも関わらず、雨の日が多い。
本当に梅雨明けしたのか??

夜中に、最寄りの駅に着いて、遅い晩飯中にいつの間にかサザっと雨が・・・。
立ち食いそば屋か牛丼屋しか無いから、10分位しか経っていないのに
無情な仕打ち・・・。

先週は、クライアントの打ち合わせの後に徒歩で駅を目指してしたら、
これもまた無情な雨。さっきまで晴れていたので、傘なんて持っておりません。
駅を目指すには公園を突っ切るだけなのですが、雨宿りできそうな木もなく
途方に暮れておりましたが、公衆トイレを発見。
そこで数分雨宿りをしました。

近くでは、夏休みイベントでライブの音が聞こえます。
丁度、ELT(エヴリ・リトル・シング)の番だったらしく、
その公衆トイレにはそのライブの音がよく聞こえる。。。

単なる雨宿りなのに、とても贅沢な時間になったかもしれない。
こんな事もあるんですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます