So-net無料ブログ作成

Harrods TeeJelly [London UK]

08083001.jpg

忙しい日のお昼は職場のビルに隣接しているデパートがあるので、
そこのデパ地下でお弁当を買って食べる日もあります。

ビジネスビルに隣接しているので、地元等のデパ地下とは少し様子が
違い、会社のネームプレートをぶら下げた人が多い。。。(自分もだが)

そのデバ地下には、英国の有名なハロッズのコーナーがあり、
そんな中で見つけた"ランチ用デザート"をご紹介。

それは、ハロッズの紅茶で作った"紅茶ゼリー"。
味は次の6種類。

・ブレンドNO.14
・フラワリーアールグレイ
・アップル
・ダージリン
・キーマン
・ローズ
お一つ368円也。

以前からギフト用のセット等で売っているのは知っていましたが、
単品でも買えるのでうれしい。
でも、この商品は日本側でライセンスを取って販売している為に
日本以外では売っていない商品だそうな。

お味は、ちょっと濃厚に入れて甘めにした感じですが、
紅茶らしいスッキリとした味わいです。
意外とミルクティー・バージョンも有りかな??

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Mac Pro Quad-Core 2.8GHz [Design]

080824.jpg

仕事用のMacが、やっとMac Proになりました。
Quad-Coreの2.8GHz搭載でメモリ4GB。

Quad-Coreとは、1枚のインテルチップの中にPC4台分のCPUが
入っているチップ。それが2枚なので、PC8台分の分散処理??
大きなデータを扱う際にとても威力を発揮します。
特にPhotoShop。

Macでデュアルマシンは過去に沢山ありましたが、
マルチプロセッシング数が4つ以上なのは、10年以上前に
発売されたDAYSTAR社のMac互換機であった"GenesisMP"以来かな??

Adobe CS3関連も安定して動いてくれるため、非常に効率的になりました。
ポスター関連も開くと、原寸データで1〜3ギガ単位になるので、
非常に重宝しています。確認用にPDFやJPGに書き出すのも早くて便利。

PC処理が早くなった=デザインの検討する時間が増えた。。。と言う事で
非常に時間にゆとりをもって、作業や調整ができます。
この"ゆとり"も数週間でマヒしてしまうのでしょうけれど。

問題は、外注に振って指示するよりも自分で作ちゃった方が
通常の3倍速い・・・。その分自分の思った通りのデザインが
作れるので良いのですけれどね。

これを体感してしまうと、家用にもMac Proが
欲しくなってしまうんですよねぇ〜。
本体で約50万円程。30インチモニタとAdobeのCS3とか
買っちゃうと約100万円か・・・。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Rock salt & vanilla Lassi [Food]

080819.jpg

コンビニで見つけた、ヘンテコなラッシー。

バニラとラッシーの組み合わせは何となくわかるのですが、
岩塩入り???。

まぁ、最近は、塩キャラメルとか塩シュークリームとか、
塩ソフトクリームとか塩チョコとか、甘さプラス"微妙な塩味"を取り入れた
塩スィーツが流行っているようですが。。。

味は、普通のインド料理屋のラッシーよりも薄めで、
甘さも控えめ。後味から塩味が微妙に入っている事が判る程度。

その入っている塩はフランス北東部のロレーヌ地方の「ロレーヌ岩塩」。
岩塩層を水で溶かして煮詰めてつくった塩で、
本来は肉料理等に合う、若干スパイシー系な塩なのだそうな。

塩自身も、わざわざフランスからやって来て、
まさかラッシーの材料になるとは思いもしませんよね〜。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

BMW525i DRIVING in FUKUSHIMA #3 [Diary]

080814_02.jpg

今日は合宿2日目。
朝から霧で何も見えません。

考えてみたら、海の方では海水温度が上昇して霧となり、
それが風でやって来る・・・。これこそ地球温暖化の証拠なのかも
しれませんね。

080814_01.jpg

これが、16番ホールの海越え。
慣れている人には大した事はないのでしょうが、
ショットに不安定さを持っている自分にはちょっと・・・(涙)
力抜いて振れば良いものの、練習場とそんなに変わらぬ距離にも関わらず
力が抜けない・・・あ〜困った。(苦笑)

080813_02.jpg

で、先日購入したツアーバーナーは、取りあえず
火を噴いてくれました。真っすぐ低めで深〜い所へ。
これはお気に入りのクラブになりました。

1ラウンド終了の所で、雷雨の為にハーフは中止。
その後は、小名浜港の市場に寄って食事をしました。

店先で生の岩カキが食べれるお店があったので、早速オーダー。

080814_05.jpg

その場で割って洗ってもらい、そのまま口へ・・・

080814_03.jpg

あ〜、これは美味しい!!!!
海水の塩っぱさが調味料?? 中身は大きくてどう食べようか
迷いますが、口に入った瞬間はとても幸せな気分です。

そしてカニ丼食べました。

080814_04.jpg

家用のお土産にホタテ貝を大人買いしてしまいました。
小名浜を午後6時頃に出発し、お盆休みの渋滞にハマりながらも
23時半には家へ到着。

日焼けと左膝の痛みに耐える週末になりそうです。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

BMW525i DRIVING in FUKUSHIMA #2 [Diary]

080813_01.jpg

今日から2日間は小名浜のゴルフリゾートで、ゴルフ合宿となりました。
朝から日差しは眩しく、コースインする前に既に汗が・・・。

3ホール目で既に肌がジリジリと焼けて来るのが判ります。
やはり、実戦と練習は違いすぎます・・・。
ボールの感触といい傾斜といい・・・。

あれよあれよと言う間に、1ラウンド終了。
そのままハーフへ突入。合計27ホール。

パーも取れる様になりました。
どうも、ティーショットの時の緊張感が嫌いです。
後半から、何故か膝に激痛・・・。
ちょっと足を引きずり気味でしたが、
何気にそのほうが力が抜けて良かった部分も。。。

朝9時から、夕方6時過ぎまでのプレーとなりました。
日焼けで、温泉入るのが苦痛気味。

明日はリベンジできるのか??


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

BMW525i DRIVING in FUKUSHIMA #1 [Diary]

080812_01.jpg

この日の仕事が終わったのは夜の9時半。。。
さて、やっとゆっくり出来るかと思いきや、
会社を出て車で、200km先の福島県いわき市まで走りました。

天現寺から首都高に乗り、三郷経由で常磐道をひたすら北上。
出来る限り燃料節約の為に、クルーズコントロールで速度固定して
後はハンドリングのみ。たまに遅い軽自動車のブロックがありますが、
急加速も要らないので、スイスイとオーバーテイク出来ました。

福島県内に入ったのは、11時過ぎ。
常磐線植田駅付近の宿に着いたのは、その40分後。
さすがに、宿付近はスナックらしき店ばかりですな。
な〜んもありません。

さて、明日は後発組と合流し小名浜合宿の始まりです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

YO!-SUSHI ver.2.0 [London UK]

080807_02.jpg

日本の"SUSHI"は、
今や世界の垣根を越えて食べられる食品となりました。
そして、日本の"KAITEN-SUSHI"スタイルも徐々に
受け入れられているようです。

ロンドンには数年前から"YO!-SUSHI"と言う
ちょっとお洒落な作りの回転寿司バー??の様な
回転寿司屋があります。
帰国の祭にヒースロー空港にあったので、
挑戦してみました。

お皿はカプセルのフタの中に入っており、値段はお皿の色で
決まります。・・・と、まぁこの辺は日本と同じ。

080807_05.jpg

でも、回って来るお皿が何故か"EDAMAME"や"SASHIMI"、"KARAAGE"が
多い・・・寿司まわって来ないじゃん!!

080807_06.jpg

ちなみに、枝豆が一皿約550円ほど。餃子で約700円、唐揚げ約640円也。
巻物系で一皿約540円・握り系で740円ほど。
握り系と言っても、サーモンかツナ・エビ位ですが・・・
カルフォリニア巻き・アボガドも健在です。

080807_03.jpg

080807_04.jpg

見ての通り、握り系は小さい上に1皿に1つか2つ。
見た目はキレイですが、
しゃりは乾燥気味です。う〜む。

ちなみに、寿司屋にも関わらず、
カツカレー・焼き鳥・焼きそばもあります。
お茶はしっかりとチャージされます(笑)

ロンドンの街では、スタバやマック・KFC・PIZZAHAT並みに
店舗を増やしつつあるようですが、そんなに人が入っている所は
見た事がない。。。
にも関わらず、今やイギリスから飛び出してドバイやマレーシアにも
出店している模様。そのうち東京にも来るのか???
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Image and puzzle [Design]

08072101.jpg

例えば、外注業者に頼んだデザインがイマイチな仕上がりだった時・・・
とにかく修正を入れなくてはならない。

しかし、この場合の"修正"とは"直す"のでは無く、"方向性を正す"という訳で
製作者に"方向性を正す"意図を伝える作業はとても難しい。

まず1つは、その仕上がったデザインに対して即興で修正点を指摘し、
何故その部分を正すのか説明し、制作者に理解を求めなくてはならない。

2つ目は、修正点を指摘しつつ、修正後のイメージを頭の中でイメージして
具体的に説明し、相手にも修正後のイメージをしてもらえる様にしなくてはならない。

3つ目は、自分の経験値からその"修正"に対してのスケジュールをその場で割り出さなくては
ならない。

これが、気の合う人やイマジネーションの豊富な方とならやりやすいのだが、
自分よりも目上だったり、つたない話をしていてもイマジネーションの低さを露呈して
しまいやすい人や、判らなくても理解しようとしない人ととだと非常に
"伝える"と言うコミュニケーションの難易度が上がります。

ひとつひとつの要素に時間をかけていても、全体が見えていないので
1枚の紙にストーリーが無くバラバラに見えたり、"〜しました。" "言われた通り〜
入れ込みました"的な単純ルーチンワークタイブ、形から入り過ぎて中身が無いタイプ、
小手先を使い過ぎる自己満足タイプ。。。

外注先になると、出来上がった物からでしか判断・改善が出来ないので大変なのです。

そんな場合は、自分で作り直した方が早かったりしちゃうのですが、
倫理的にそう言う訳にも行かない部分も多く、とにかく修正点を改善した後の
イメージをすぐに想像しなくてはならないのです。

そしてそのイメージをどう言葉に訳して、製作側に意図を伝えるのか。。。。
今始まった課題ではないのですが、とても難解なバズルでもあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

TOUR BURNER DRIVER [Hobby]

080802_01.jpg

今日は、先日届いたゴルフクラブの初打ちに、練習場へ。
今回購入したのは、テーラーメイド社の"TOUR BURNER DRIVER"。
(シャフト RE*AX SUPERFAST S/ロフト角9.5)

080802_02.jpg

"デュアル・クラウン"と言って、ヘッドのクラウンの部分が2段になっているので
ヘッド下部に重芯が集まって低重心。
構えの時も安心感があります。
最初は、ヘッドの重いのかな?と思いましたが
実際に構えて振ってみると、全然重く感じず、
楽に振れました。

打球音は、ちょっと乾いた感じ。
テーラーメイドの独特のドロ〜ンとした弾道では無く
まっすぐ低めにぴゅ〜んと飛んでゆく。

シャフトを堅めにしたので、ヘッドが遅れて出て来ないので
力を入れても真っすぐに打ちやすくなりました。

これは早く、実戦で使ってみたいです。
楽しみが増えました。


今、全英女子がやっていますが、
ヒースロー空港の西にある、ウインザールートでの着陸の際に
みえるゴルフコースのようですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます